入会お申し込み
口唇口蓋形成不全とは
 日本ではおよそ500人にひとりの割合で出現する先天異常で、口唇口蓋形成不全はうまれつき上唇が、口蓋形成不全は上顎が離開している状態をいいます。お母さんのお腹の中で口唇と口蓋はそれぞれ別々につくられるので、口唇形成不全だけのこともあれば、口蓋形成不全だけのこともあり、また両方いっしょにおこる場合もあります。 口唇口蓋形成不全のタイプ  口唇形成不全には不完全唇形成不全(口唇から鼻の穴の途中まで離開)と、完全唇形成不全(口唇から鼻の穴の所まで離開)があり、それぞれ片側形成不全と両側形成不全があります。口蓋形成不全にも不完全口蓋形成不全(上顎の奥のほうだけ部分的に離開)と完全口蓋形成不全(歯茎から上顎の奥まで全部にわたって離開)があり、完全口蓋形成不全には片側形成不全と両側形成不全があります。
  注意をするのは、粘膜下口蓋形成不全です。粘膜の下で軟口蓋の筋肉が離開していることがあり、一見して正常な口蓋と区別がつかないので、発見が遅れがちです。吸ったり吹いたりする力が弱かったり、飲み物が鼻へ逆流したり、声が鼻にかかっているような感じがするときは、早めに専門の医師に診てもらいましょう。
正常な状態
口唇形成不全口唇口蓋形成不全口蓋形成不全なぜこうした状態が起きるのでしょうか? 妊娠のごく初期に赤ちゃんの顔が形を整え始めます。はじめみんな唇や口蓋が離開しているのですが、口唇は妊娠4〜7週頃、口蓋は妊娠7〜12週頃、まん中に寄ってきてくっつきます。その時期に何らかの原因で、うまくくっつかないまま成長し、うまれてくると口唇形成不全・口蓋形成不全ということになるわけです。
  原因はまだわかっていません。口唇形成不全・口蓋形成不全の赤ちゃんの家族の中に、同じ様な異常が見られる場合もありますが、見られない場合がほとんどです。従って直接遺伝によるものは少ないと考えられます。
(Reported by 藤原百合)

▲このページのトップへ